生活科学科1学年定員80名

「豊かな感性と生活を切り拓く力を身に付ける」

生活に欠かせない衣・食・住の他にも、保育や住環境などについても専門的に学び、人として生きていくために必要な知識・技術や生活を切り拓いていく力を身に付けます。一人一人の興味・才能を活かした幅広い進路決定をすることが可能です。

  • 2年次には、被服や調理の専門科目に加え、日本の伝統的な生活文化を(茶道・華道・着付けから選んで)学ぶことができます。
  • 3年次には、さらに保育・福祉分野を学ぶとともに、課題研究によって専門性を深めます。
  • 丁寧な指導により、例年、多くの生徒が家庭科技術検定1級に合格しています。また、日本語ワープロ検定等、社会で役立つスキルを身に付けます。

「先輩たちからのメッセージ」

生活科学科の在校生、卒業生に鹿屋女子校について聞いてみました!

株式会社フェスティバロ
瀬筒 愛莉 さん (平成29年度卒業)

進路実現のためには何事も積極的に取り組むことが大切だと思います。私は面接が苦手でしたが克服するためにたくさん練習を行いました。その際、先生方がとても熱心に指導してくださいました。鹿屋女子高だったからこそ頑張れたと思います。みなさんも自分の決めた道に進めるように頑張ってください。

生活科学科2年 有留 美咲 さん
(鹿屋東中学校出身)

生活科学科では、将来に役立つような、食物や被服の基礎から応用まで幅広く、実践的に学ぶことができます。実習が多いので、知識だけでなく技術も身に付けられる学科です。また、女子だけなので気兼ねなく付き合え、同じ目標を持った仲間と日々頑張っています。

3年間のギャラリー