ICT教育

時代に対応できるICTスキルを身に付ける

鹿屋女子高校では、鹿児島県の公立高校としてはトップクラスのICT教育環境を整備し、その環境を活用した教育を目指しています。そして、高度情報社会やグローバル社会において欠かせないICT教育を推進し、情報機器を正しく活用し、これからの社会で活躍できる人材を育成します。

ICT教育とは!

ICT(Information and Communication Technology)は「情報通信技術」の略で学校教育の場に情報通信技術(例えば電子黒板など)を活用することをICT教育と呼んでいます。 ICT教育の導入により、教師と生徒の間でのコミュニケーションや、生徒同士での学習内容の共有などがより容易に行われるようになり、手段の幅も広がるといわれている。ICT教育が生徒の主体的な学習活動への参加や、学習意欲、思考力、判断力などの向上に繋がることが期待されてます。

電子黒板で行うデジタルを活用した授業を実践

全ての普通教室と特別教室13教室に電子黒板を配置 全ての教科で、全ての教員が使用することで、より効率的で効果的な授業を実践しています。

今後も、さらなるICT教育環境の整備と、効果的なICT教育の推進をすすめてまいります。