総合

3学年がん教育講話

12月12日の午後,3年生を対象にがん教育講話が行われました。

近年,「国民二人に一人ががんにかかる時代」と言われており、がん教育は必須となってきています。

がんについて正しく知る他に,健康と命の大切さについて学ぶため,今回の講演が行われました。

生徒は皆講演の先生のお話に耳を傾けて,がんの事や命の事について学んでいました。

今を元気に生きていることのかけがえの無さについて,今一度考えるきっかけとなりました。