総合

第65回卒業式

菜の花に囲まれた晴天の2月28日(火),

普通科35名,情報ビジネス科60名,生活科学科58名,合計153名が,本日,卒業しました。

来て欲しいようで来て欲しくなかった3年間の最後の入口をくぐりました。

卒業生は,卒業証書授与の呼名を今か今かと待ちわびているようでした。

校訓である「正しく,優しく,健やかに」に即した校長式辞,

鹿屋市教育委員会教育長の中野健作様から告辞,鹿屋市長の中西茂様から祝辞,

18年間のさまざまな思いが凝縮された祝辞をPTA会長からいただきました。

別れを惜しみながらも鹿屋女子高校を新たに築く在校生からの送辞,

コロナ禍を創意工夫で乗り切り,新たな時代を切り開く卒業生答辞。

保護者や同窓会,地域の方々をはじめ多くの方に支えられて迎えられた卒業式も,校歌斉唱や音楽部,吹奏楽部のバックアップでより素晴らしいものになりました。

ご卒業おめでとうございました。